工藤さんと定期で、お食事するようになりました。
だいたいが週に1回。
「時間が取れるなら、今夜ディナーに付き合ってもらえるかい?」と、連絡が来ます。
私用があって無理な時は、お断りすることもあるのですが、それもしっかり認めてくれる方でした。
それと、連れて行かれるレストランなのですが、人生で足を踏み入れたことがない領域だったりして。
いわゆる高級なお店。
それまで食べたことがない、魅力的でオシャレで、味わい深いお料理を口にできてしまいます。
料理のマナーとか知らなかったのですが、パパの方がとても優しく指導してくれたりもして、安心しました。
工藤さんとの食事で、毎回2万円。
時たま、プラス交通費も出してくれたりして、これはこれで悪い関係ではないなという気持ちを強めてしまっていました。
もしかしたらこの先、本格的支援を受けられる可能性もあります。
だから、楽しい場を作ることに専念していきました。

 

 久世さんとも、お食事を続ける関係になりました。
この人は、月に2回の待ち合わせ。
支払いは1回3万円。
凄くないですか?この値段なんです。
お食事に付き合うだけなのに、3万円の支払い。
こうして2人のパパと、食事デートを繰り返すようになりました。

 

 友人に食事デートをするようになったと話してみたところ、良い兆候だから好印象を与えるように頑張ってと励まされました。
確かに彼女の言う通り、良い兆候だったのです。
2カ月ほど食事をするデートを繰り返し、工藤さんから言われたのです。
「本格的な支援をしてもいいと思うようになってね」
瞬間、頭の中で、お金を支援してくれる人を見つけた!と、絶叫してしまっていました。
「都度払いでも、月極でも構わないよ。月に14万をだそうと思う。ただしアルバイトをして、生活費を自分でちゃんと算出すること、これが条件だよ」
「はい、ありがとうございます」
何時しか、涙目になってしまっていた私でした。
出会い系で知り合った人が、お金くれる人になってくれました。

定番サイト女性は完全無料

支援してくれる人を探すなら迷わずココ!